アスタキサンチン

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンは、藻類によって生成されるすべて天然の暗赤色のケトカロテノイドであり、この色素は、藻類を食べるロブスター、北極エビ、カニ、ザリガニ、紅鱒、オキアミ、甲殻類などの水生動物にも見られます。 アスタキサンチンは、その高い抗酸化作用のために、最も強力なカロテノイドの1つと呼ばれています。

---

微細藻類ヘマトコッカス藻は淡水で成長し、世界で最も豊富な天然アスタキサンチンの供給源です。 甲殻類のように、人間はアスタキサンチンを合成することができず、私たちは食事を通して摂取しなければなりません。 アスタキサンチンは現在、人間、動物、および水産養殖用途の栄養補助食品として使用されています。

研究によりますと、天然アスタキサンチンの抗酸化作用はビタミンEの500倍、ビタミンCの6,000倍、コエンザイムQ10の800倍、緑茶カテキンの550倍、α-リポ酸の75倍あると言われ、ルテイン、ベータカロチン、リコピンなどの他のカロテノイドよりも効能が高いです。

parallax background
parallax background

アスタキサンチンの効能

抗炎症作用
多くの慢性疾患を引き起こす炎症物質の形成を抑え、免疫システムの機能を改善します。

目の健康の促進
人間の網膜には、アスタキサンチンと密接に関連するカロテノイドであるルテインとゼアキサンチンが元より含まれています。

持久力とエネルギーレベルの向上
アスタキサンチンは、体の脂肪酸の使用を促進し、筋肉や骨格の損傷を防ぎ、乳酸の蓄積を減らし、クレアチンキナーゼの活性を抑制します。

肌の健康促進
しわを減らし、日焼けから守り、肌の水分と弾力性を維持するのに役立ちます。

健康的なエイジング
心臓血管の健康を守り、脳の老化を遅らせます。

天然vs合成アスタキサンチン

最も重要な違い-天然のアスタキサンチンは生きている微細藻類に由来しますが、合成のアスタキサンチンは石油化学製品に由来します。

---

天然のアスタキサンチンは、ヘマトコッカス藻を含むいくつかの種類の微細藻類によって作られます。 また、エビ、サーモン、オキアミなど、この藻類を摂取する魚や甲殻類にも含まれております。 このため、オキアミオイルのサプリメントには通常、藻類を摂取することで得られる天然のアスタキサンチンとオメガ脂肪酸が含まれています。

合成アスタキサンチンは、溶剤と石油化学製品を使用して製造されています。 合成アスタキサンチンと天然アスタキサンチンは構造的に同一ですが、合成アスタキサンチンは25%のみが生物学的に利用可能であり、モノエステル型とジエステル型を欠いています。合成アスタキサンチンはサケの養殖業で使用され、養殖されたサケの身に伝統的な濃いサーモンピンクの色を与えます。餌に藻類とアスタキサンチンが含まれていないと、サケの身は灰色がかった白色になります。

Evergenについてより詳しく知りたいですか?ぜひ弊社へご連絡ください